So-net無料ブログ作成
検索選択

シャープペンシルの替芯ってやつ [石器なおしごと]

ちょいと仕事の話とか…[あせあせ(飛び散る汗)]

遺物の実測図を描くのに、ここ何年もシャープペンシルを愛用しております。
それまでは鉛筆(ハイユニの4H)を使っていましたが、削る時間が惜しくなったw
ごみが出るのはいやだし、木を使っている鉛筆はエコじゃないかなぁとか思ったわけでww

0.3mmのシャープペンシル用ハイユニ4Hはなかなかすぐれものだったんですけどね~
もう製造されなくなってしまったそうですっ
いや~、なかなか4Hを使う人っていないのでしょうかねぇww
三菱さんは、ナノダイヤという低摩擦のすぐれもの商品を開発しましたが…
う~ん、3Hですら、製造がなくなってしまいましたっ
2Hで試してみましたが、やっぱりやわらかすぎて実測図まっくろになってしまいますっ[あせあせ(飛び散る汗)]

そしたら… てへっ まったくもって失念しておりましたっ
0.5mmにはちゃんとあるではないですかっ



初めて購入して、試してみました。
そのままではやっぱり太いですが、先を削るとなかなかいい感じ。
硬すぎず、線もむらが出ない。
削る面倒はあるけれど、気に入りました。

…って、本当は0.3mmでも造ってほしいんですけどね~w

さてさて、これでまたたっくさん実測できますねっ[ぴかぴか(新しい)]
今年度もがんばりますっ
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 2

佐久考古

ナノの芯があるんですね。
今度使ってみます。

佐久考古(八ケ岳)
by 佐久考古 (2010-04-07 17:58) 

じゅじゅ

>八ケ岳さま
コメントありがとうございますm(__)m
難点は先の太さなんですが、削りさえすればリング、フィッシャーがきれいにかけます。
ぜひ一度お試しくださいませ。
by じゅじゅ (2010-04-08 00:06) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。